1984年2月3日、新日主催の札幌大会


金曜夜8時の「ワールドプロレスリング」の生中継では

オープニングマッチとして、いきなり

「WWFインターナショナル・ヘビー選手権」

藤波辰巳と長州力の一戦からスタートです。


まずは挑戦者の長州が入場

1



その花道はファンでごった返しておりますが

何かいつもと様子が違います。


実況の古館アナも

「何かファンとのトラブるでしょうか?」

と状況が分からない様子


よく見ると、流血した額にタオルを巻いた藤原喜明が

鉄パイプを持って、長州を襲ってるではありませんか!

2


今でこそ、「関節技のレジェント」として

伝説の1人でありますが

当時は、「実際は強いんだろうなあ~」と

何となく実力は認めていたものの

パッとしない中堅以下の立場であり

一般的には、「何故、藤原が長州を襲ってるんだ!?」

という思いが強かったと思います。


リング上では、A浜口がマイクを掴んで

「新日の回し者が襲ったんだ!」

と、絶叫しております。


実はこの日の第3試合での藤原、木戸対谷津、浜口において

藤原が血だるまにされた経緯があり、後になって

「その報復手段として、維新軍の大将である長州を襲ったのではないか!?」

という見方がされました。

3


藤原の襲撃で、大流血した長州がフラフラになって

ようやくリングに登場

4


するといつの間にか藤波も現れ

半ばやけくそ気味に戦意喪失状態の長州に

攻撃を仕掛けたのであります。

5


これには新日正規軍、維新軍の両セコンド陣が割って入り

更には、解説席にいた山本小鉄審判部長もリング内に入りました。

6


エキサイトした藤波は、味方である坂口に食って掛かります。

7


結局、予定されたタイトルマッチは「試合不成立」として

流れてしまいました。

8


9


そしてこの試合を潰した藤原は

厳重処罰を与えられることはなく(*2~3日間の形式上の謹慎はあったかもしれません)

むしろ以降は、「問答無用の仕事人」として

メインに抜擢されるようになりました。


その後の活躍は申すまでもないでしょう。


これが世に言う

「冬の札幌・藤原テロ事件」であります。